いつ、どこからどの順番で借りるべきか?

はい、まだまだ急かす人がいるので引き続き行きましょう。

俎上にのせる記事は、



借りる順番についての古い記事です。
結論から言ってしまうと今では通用しない内容ですが、
ただお勉強のために取り上げます。

言っておきますが、最後まで読むのが面倒だからと途中まで読んだだけでそのまま申込みへと行動に移さないでくださいね。今では間違った内容となってしまっていますので。

『銀行系サラ金のデータは検索されない』
日本には約6千社ものサラ金が存在し、規模によって5種に分類される。

1.銀行系サラ金(モビット/@ローン/東京三菱キャッシュワン)
銀行が出資して作ったサラ金。設立が2000年以降と歴史は浅いが、銀行の資本力を武器に15%〜18%という低利を実現して、多数の新規顧客を獲得した。他社借入件数が3件まででなければ金を貸さないほど審査は厳しい。

2.消費者金融連絡会(6社会)系サラ金(アコム/武富士/アイフル/プロミス/レイク/三洋信販)
日本の大手サラ金6社会とも呼ばれる「消費者金融業界の健全な発展を目指すため、97年1月に発足した」団体。この連絡会に加盟しているサラ金は、基本的に他社借入件数が4件までの客にしか金を貸さないため、多重債務者はまず審査に通らない。また、CICやCCB(クレジットカードの信用情報機関)の事故情報も検索しているため、クレジットカードの事故があると融資が断られるケースが多い。

3.準大手系サラ金(CFJのアイク・ディック・ユニマットレディス/シンキ/三和ファイナンス/ぷらっと等)
消費者金融連絡会に加盟していないが、総融資残高が1000億円以上ある会社を指す。CFJなどは融資残高が1兆3000億円もあってサラ金の残高ランキング5位につけているが、消費者金融連絡会に加盟していないので、ここにカテゴライズされる。他社借入が5〜6件程度でも、またクレジットカードの事故情報があっても融資してくれる会社もある。

4.中堅系サラ金(クレディア/ワイド/エイワ/オリエント信販/キャスコ等)
総融資残高が100億円〜1000億円の会社。審査はかなり緩く、クレジットカードの事故情報の取得もあまりしない。他社借り入れが7〜8件程度でも貸すことがある。

5.地場系サラ金(営業店舗が数件しかないサラ金)
よくいえば「地域に根差したサラ金」で、悪くいえば「零細サラ金」。営業店舗が数軒しかない、いわゆる街金だ。過去には他社借り入れが13件あっても貸すという剛の街金も存在したが、現在はそんな業者も少なくなっている。2000年の出資法上限利率引下げで大打撃を受け激減したのがこの地場系サラ金。審査は一番緩い。

『いつ、どこからどの順番で借りるべきか?』
金がない。サラ金で借りようか。でもどこへ?

竹中直人のCMのとこにしようか、それともワカパイのとこがいいか。どうせサラ金なんてどこも一緒だし。

なんて考えは大間違い。サラ金には、【借りるべき順番】が歴然と存在する。上手く回れば8社で400万円借りられるはずが、順番を間違うと5社で150万円しか調達できなかったなんてケースもありうる。

また、融資枠の大小は、順番だけでなく、借りる時期も多分に影響してくる。「いつ、どこから借りるか」はぜひ知っておかねばならなぬ情報だ。

まず下表,龍箙垠呂納擇蠧れして、それから↓きイ塙澆蠅討いのが正解。金利や審査基準を考慮すれば当然の順番だ。

,任呂箸海箸鵑泙納擇蠖圓してしまってよい。,亮擇蠧れを、◆銑イ離汽藏發麓擇蠧れ件数としてカウントしないからだ。

,顧客の借り入れ情報を検索する情報機関は「テラネット」で、◆銑イ検索する情報機関は「全国信用情報センター連合会(全情連)」。

この2つの情報機関は相互交流を行っているが、
■テラネットは、全情連の情報を見ることができる
■全情連は、テラネットの情報を見ることができない
という特性がある。

つまり,龍箙垠魯汽藏發廊 銑イ亮擇蠧れを把握できるのに対し、◆銑イ離汽藏發廊,亮擇蠧れが把握できない。快適なサラ金ライフを送るにあたって、まず,鬚靴磴屬蠖圓しておくべきなのは言うまでもない。

『最初にアコム、プロミス、最後に武富士、アイフル』
続いて△任亮擇蠧れだが、ここにも向かうべき順番がある。

サラ金は「他社借り入れ件数至上主義」だ。例え年収が1億円あろうとも、他社で10件借り入れしている人にはお金を貸さない。年収が50万円でも、他社に借金がない人には貸す。

△砲いては、「他社借り入れ件数4件」というのが1つの目安となる。つまり、自社が5件目だったときの対応が各社それぞれ異なってくるのだ。

他社4件でもほとんど問題ないのが武富士とアイフル。最低でも10万程度は引っ張れる。

三洋信販とレイクは、他社4件となると、その人の属性(勤務企業や勤続年数など。詳細は後述)が、OKか否かの判断基準となる。フリーターや国保では難しいだろう。

最も厳しいのはアコムとプロミスで、上場企業勤務、持ち家などの属性を満たしていないと、他社4件はNGだ。

したがって△任僚臠屬蓮

アコム・プロミス
   ↓
三洋信販・レイク
   ↓
武富士・アイフル

となる。

0聞澆砲脇辰坊茲泙辰申臠屬呂覆ぁM0戝躇佞垢戮は、よく聞く名前だからといって上位に位置するわけではなない点だ。たとえばキャスコと三和ファイナンスならどちらを先に回るべきか?耳慣れた社名かどうかだけで判断しないように(キャスコはぁ∋囲促侫.ぅ淵鵐垢廊)。

さていかがでしょう、数年前の記事なのに違う時代を感じさせてくれます。昔を知らない人にとっては、「こんな緩い時代があったのか!?」と驚かれることでしょう。

そもそもテラネットだとか全情連だとかそういう信用情報機関の非対称性を突くことはできなくなっています。どちらもJICCとして統合されて一緒になっていますので。

また、1〜5の内容も激変しています。レイクは銀行に統合されてしまいましたし、銀行系のアットローンやDCキャッシュワンですらもはや存在しません。ましてや中小零細ともなると廃業している会社名のほうが多そうです。

あとは、借り入れ件数至上主義もその残滓がわずかにあるのみで、今は完全に収入で割り切られています。これはただ総量規制の縛りがあるので1/3以上貸してしまうと法律違反になってしまい貸せません。

縦に長くなり過ぎたので続きは次にしますが、カードローンやフリーローンでお借り入れの際は、去年、一昨年のアドバイスが今では全く通用しないこともよくあるので覚えておいてください。
申し込む順番 | comments (0) | trackbacks (0)

迅速さの裏で。

巷に溢れる消費者金融比較サイトの多くが
審査時間による業者比較を
一つのコーナーとして構えています。

確かに限度額や年率と同じく、
審査時間もわかりやすい指標の一つです。

審査時間は1秒(というか即時)、
審査時間は10秒(本当は3秒くらい)、
審査時間は最短で30分、等々。

利用者としても数字だけを見比べて
何かわかったつもりになれるので
この審査時間比較は定番コーナーにもなっています。

しかし消費者金融業者それぞれに光を当てる場合、
ただ数字だけを見て早い遅いと言ってみても
何も言っていないに等しいです。

1980年を目前にして
極寒の時代に突入したサラ金業界。
銀行業界にそっぽを向かれて
中小業者の倒産が相次ぐ中、
各業者それぞれで決死の
経営改革が断行されました。

今でこそ審査時間が1秒で済む
自動与信システムはこの冬の時代に強化された
与信管理システムがあったればこそです。

さて、この冬の時代の経営改革ですが、
実は各社同じように血みどろに頑張りましたが
頑張った方向がそれぞれ微妙に違っています。
審査時間の違いを紐解くと
その企業体質の違いが見えてきます。
当サイトではその各社の色を見ていきましょう。
面白いですよ。
早さの質 | comments (0) | trackbacks (0)
1/1